CLASSIC HD INC.

BLOG| 2020年02月の記事一覧

英断

ほとんどの成功者は成功と同じくらい失敗しているものだ。
単純に言えばチャレンジャーなんだけど、失敗が最悪に至らないのがミソ。
自己防衛力が高いのは間違いない。
そして、その嗅覚が鋭いからこそ咄嗟の判断が早く強いのだ。

選んだ道

若い頃は、とにかく食べて飲んで歩きました。

1日に10軒近く渡り歩いたこともあります。

当然のことながら給料の大半はそれに消えていきました。

一方、そういったことで飲食の“目”を養い、感覚的に成功への道を見つけることもできました。

今はとても便利な世の中なので、あっという間に情報を得ることができちゃいますね。

ただ一つ言えるのは、それは既に誰もが見ているものなのです。

そこからヒントを得たとしても、それらを膨らませる感覚は決して養えません。

人が感動するものには成り得ないのです。

やはり、自分の時間を費やし、直接味わい、自分のお金を使って食す。

犠牲の下にいれば、少しでも損をしたく無いと真剣になり、人の吸収力は何倍にもなる。

感覚を身に付けたいなら、そういった努力を惜しんでいて手に入るわけがない。

 

Pandemic

この国でも新型コロナウイルスは異常な事態になっています。
中国国外で世界で初めて死者が出たから尚更だろう。
常夏の国なのに皆マスクをし始めました。
100年ほど前、スペイン風邪では全世界で1億人の死者が出たとか。
日本のオリンピックも含め、この先いったいどうなるのだろうか。

国民の命も大切、経済も大切。

とても難しい問題だ。

正直、平時はリーダーなんてそこそこ誰でも勤まる。

有事にこそリーダシップが試されるのだ。

国家も私たち企業も難しい舵取りを迫られています。

Pronunciation

発音に特化して集中トレしてたら、なぜかリスニング力が飛躍的に向上した。

基本がすべてに繋がっているんだと再確認。

アメリカンa、セクシーo、rやl、vにfにzサウンド。

1日終われば口が筋肉痛。英語は筋トレみたいだな。

仕事も一緒だ。

基本がすべてに繋がっていて、できなかった事ができるようになる。

それが嬉しくてまた続けちゃう。まさに麻薬的ルーティン。

そういえば、著名なコピーライターさんが言ってたっけ。

“働かないとかつまんないよ“って。

なによりも出会いが多く、なによりも気付きが多い。

やらなきゃ損するってところは僕も一緒の意見。

 

 

 

Something great

アラフィフですが、体内年齢はいつ計っても21才です。
タバコも少々、ギャンブルもたまに、お酒はたくさん飲みます。

こんな生活でも年齢より若く見られることの方が多いです。

なぜだろう。。。ちょっと考えてみました。

う〜ん、一番は笑顔でいることかな。。。

後は、運動、そこそこ健康的な食事、良いことしたり、何かしら冒険してみたり、、、。

たまに毒は吐くけど、陰で他人の悪口は言わないとか。

今は海外で生活しているので、普段とは違う出会いが刺激になっているのも1つの理由かもしれません。

まとめると、現状に満足せず、感謝の気持ちを忘れずに笑顔でいること。

自分にできることで他人が助かるなら躊躇せず行動すること。

人の喜ぶ顔が見たい、そんな生き方を今も学び実践しているご褒美だったら嬉しいな。

春の訪れ

ここ最近になり、東京1号店が息を吹き返し大繁盛。

10年以上が過ぎて、正直売上も低迷していた昨今。

そこには落ちるべくして落ちた確かな理由があったのです。

スタッフや周りへの感謝、礼儀作法の欠如。

また、自由過ぎたマネージメントの結果、当初のコンセプトから外れていたり。

価格はどんどん高くなって、気軽さが無くなり、探せばどこにでもあるお店の様になっていた現実がありました。

そんな中、昨年改装と同時に原点回帰し、チームの再編、そして自律を促した結果が今に現れています。

すべてはスタッフの努力とチャレンジの賜物に他なりません。

彼らは今本当に凄いことを成し遂げているのです。

ところで、最近人を教育するなんてできやしないとつくづく思います。

できるとすれば、成長を促すためにポジションを与えたり、コツを伝授し背中を押すぐらいかな。
僕らが行っていることは、教育と言うよりは“成長支援”なのだ。