CLASSIC HD INC.

BLOG| 2018年06月の記事一覧

雲丹。。。

雲丹。。。

恵比寿ALMAで雲丹づくしの贅沢三昧なイベントが昨日で終了。

大変な好評ぶりだったようです。

以前よりも生産者との繋がりがとにかく強いお店になってきています。

今までのどの料理長よりも素材に向き合っている将来が楽しみな料理人。

そしてその思いを繋ぐ若いサービスマンたち。

お陰様で11年目を迎える癒しのALMA。

これからもどうぞご贔屓に。

東京の夏

東京の夏。。。

この暑さは何かヤバい。

雨も降らないので農作物も心配だ。

事業が好調なのは嬉しいけど、この気候はちょっと異常だし年々ひどくなっているように思います。

近い将来、本当に地下都市計画が始まってもおかしくないレベルですね。

皆さん、水分補給はスポーツドリンクを水で薄めて飲むのがおすすめですよ。

くれぐれもご自愛ください。

研鑽

研鑽。。。

続けられる人とそうでない人の違い。
極端に言えば、精神力の違いではないでしょうか。

自分を鍛えるということは、誰でもない自分との戦い。
体力よりも、自分と正直に向き合うそういった姿勢が重要に思います。

西海岸

西海岸。。。

昨日は新店舗の打ち合わせを急ピッチで行いました。

店名もまだ仮称ではありますが決定し、いろいろな事が前に進んでいます。

営業時間は朝8:00から夜0:00まで、クラフトビールサーバーを本格導入、ABE DRIP珈琲の焙煎機も導入し自家焙煎を本格的にスタート。

それから国産自然派ワインと日本酒を少々、BOISHAKIの自然派バングラカレー、旨いホットドックに酒の肴。

それからそれから、音楽はエレクトロやチル系で週末にはDJも、朝から夜まで自由に使えるフリースペース。

コンセプトワードは、オーガニック、ナチュラル、フリーといったところでしょうか。

思いついてからたった一ヵ月のプロジェクト、全員野球で行っています!

BORDEAUXカラー

BORDEAUXから。。。

ヨーロッパを中心に世界で活躍する書道家Maayaさんにお願いしていたコト。

7月に設立するホールディングス会社のロゴが今朝方届きました。

何度も何度も繰り返し書いてくださったようで感謝感謝です。

事前の話合いの中で、多様性というワードが大きなコンセプトになって、そこからはアーティスト側へ一任しました。

その後、アーティスト側から出てきた思いや方向性は、想像以上のストーリーと精神性を含んでいて。。。

なんか勝手に僕もその思いに影響を受けてしまい、最近頭のてっぺんに穴が開いた感じがしていますw

今朝はPCでの確認だったのですが、思わず画面に吸込まれそうになりましたし。

本当に書道って凄いな。それも削ぎ落されたシンプルな書道。

これからグラフィックデザイナーと詰めの作業に入ります。

お披露目は8月上旬っといったところでしょうか。

 

 

どこからでも

どこからでも。。。

CLASSICグループがスタートしてから暇だなと思ったことがまだ一度もありません。

そして有難いことに、現在も飲食に関わらずどんどん仕事が舞い込んできています。

それでも貯め込んでいたアイディアが底を尽きるなんてことはないのです。

歩いていれば何かに出逢い。

人と話せばハッと閃く。

酒を煽れば思いつく。

日々出逢っているヒト・モノ・コトからたくさんの材料を頂いてます。

メンテ

メンテ。。。

久しぶりに風邪を引きましたがすぐ治癒しました。

考えてみると、以前はよく引いていたのですが、ここ数年はほぼ無縁で長引かない。

身体を鍛え直したり、食生活を改善したり、無理をほどほどにしたりと自己コントロールしていたお陰かもしれません。

生きてく上で一番必要なモノは健康であること。

元気があれば何でもできるって本当だと思う今日この頃w

 

あ~忙しい

あ~忙しい。。。

突然ですが、またまた新店舗をオープンすることになりました。

遅くとも8月下旬にはお披露目できる予定です。

数か月前には計画にもなかったのですが、旅で得たたくさんの出逢いで火が付きました。

オモシロいお店になりそうです。

詳細は追ってまた。

 

 

 

 

響心

響心。。。

伝えても、その場は一応返事をしたり反省している素振りはある。

だが、心に響いてない人の傾向はどこか言動が他人事で上から目線。

言っても無駄かもしれませんが、こういった事に僕はしつこいので何度でも繰り返します。

なぜなら変わってほしいから。

だって、そんな人がもし部下を抱えたらどうなるか容易に想像がつきませんか。

力の入れどころを間違っていると、どんなに時が経とうが人はついて来ない。

それは相手と心が通じ合えていないからなのです。

まさに上辺だけの関係。

 

流行

流行。。。

飲食店は何故か美味しくなくても一時的には流行っちゃったりします。

この味でなんで~!って思うものもたくさん。

それは、味以外のものも繁盛の術としてあるからでしょう。

マンパワー、内装の雰囲気、時流、最近ならインスタ映えなどなど。

人は感情の生き物だからそれらに影響を受けるのは当たり前ですね。

ただ、個人的にはそういう飲食店は好きになれないな。

だって金儲けの道具としか考えてないように思うからです。

そんな人たちに、この素晴らしい業界には参入してほしくないと思いながらも、どこかそんなお店があってもいいなとも思っています。

矛盾してますが、王道なやり方だけが正解ではないですからね。

多種多様でいろんなチャンスがあるのも飲食ビジネスの楽しさ。

杓子定規では測れないものがあると思っています。